“ヤマメの学校”歌い放流 園児200人鏑木川に1500匹
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市新里町のすぎの子幼稚園とおおぞら幼保園は、同町の鏑木川で、ヤマメの稚魚の放流を行い、園児約200人が体長5センチほどに成長した1500匹を川に放った=写真

 同川近くにある両園による恒例行事で22回目。群馬漁業協同組合(岩崎広志代表理事)が協力した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事