ICT教育の利点や疑問点 児童生徒が意見交換 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新年度中に群馬県高崎市内の小中学校の児童生徒に1人1台パソコン(PC)が導入されるのを前に、同市教育委員会が大学や企業と立ち上げた「高崎先端ICT教育協議会」は10日、既に使用しているモデル校の児童生徒による意見交換会「ICTのしゃべり場」を開いた。疑問点や利点などを話し合い、使用法について理解を深めた。

 しゃべり場はオンラインで開かれ、モデル校の金古小、上郊小、倉渕中からそれぞれ2人ずつ参加。高崎健康福祉大の学生が司会を務め、使っていて感じる悩みや不安を共有した=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事