郷土の魅力 作品に 前橋の井上真里菜さん、真一郎君 全国小学生プログラミング大会出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パソコン画面に映る審査員からの質問に答える井上真里菜さん(左)と真一郎君

 独自のプログラムで制作したアプリやロボットなどの作品を競う全国新聞社事業協議会主催の「2020年度全国選抜小学生プログラミング大会」の全国大会が21日、オンラインで開かれた。群馬県代表として、中央総合学院(前橋市)でプログラミングを学ぶ、前橋桃井小6年の井上真里菜さん(12)と同3年の真一郎君(9)のきょうだいチーム「M&S」が出場した。

 2人の作品は「みんなで群馬のことを知ろう」。本県の魅力を伝えようと制作したプログラムで、県のマスコット「ぐんまちゃん」が雲の上にジャンプし、ボールに触れると、サッカーと野球の県内プロチームを応援する画面になったり、観光地や名産品が登場したりする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事