タイムカプセル 20年前の思い出 桐生市役所で収納品展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生市制施行80周年記念事業として2001年に行われた「きりゅう発タイムカプセル2001」の収納品の展示が24日、同市役所本庁舎の市民サロンで始まった。各界で活躍する同市出身の著名人ゆかりの品など計200点以上が来場者を楽しませている=写真。26日まで。

 サッカー元日本代表の故松田直樹さんのサイン入りユニホームや、市観光大使で俳優の篠原涼子さんのサイン色紙、当時の市長らのメッセージや街並みの写真などが並ぶ。

 市民らが思いをつづった手紙や2000年生まれの赤ちゃんの写真は展示せず、本人宛に送付する。カプセルは市制施行100周年・水道創設90周年記念事業の一環で、今月7日に開封式が行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事