《紙上観桜企画2021》楽歩堂前橋公園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 東京五輪・パラリンピックに向けて群馬県前橋市で長期合宿する南スーダンの陸上選手らが日本で2度目の春を迎えた。

 聖火の到着を祝うイベント「セレブレーション」の会場となっている楽歩堂前橋公園(同市大手町)はサクラの名所としても知られる。選手らは見頃を迎えたサクラを眺め、大会に向けて気持ちを新たにしていた=写真

(27日午前10時10分ごろ、宮崎浩治撮影)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事