ビニール袋に乳児遺体 遺棄容疑で少女と男逮捕 高崎署
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 生後間もない男児の遺体を遺棄したとして、群馬県警捜査1課と高崎署は1日、死体遺棄の疑いで、前橋市の飲食店従業員の少女(19)と、交際相手の前橋市荒子町、飲食店従業員の男(21)を逮捕した。県警によると、2人は「間違いありません」と容疑を認めている。県警は2日に男児を司法解剖して死因や死亡の経緯を調べる。

 2人の逮捕容疑は共謀して3月26日ごろ、男の自宅で少女が出産した男児をビニール袋に入れて遺棄した疑い。

 県警によると、31日午前11時10分ごろ、少女が母親と、レジ袋に入れた男児の遺体を持って同署を訪れ、「彼の家で赤ちゃんを産んだ」と自首した。同日、少女が母親に相談して高崎市内の病院に行き、医師から出頭を促されたという。

 男児にはへその緒が付いており、目立った外傷はなかった。少女は「腹痛でトイレに行ったら生まれた。産んだ後に亡くなっていた」と供述しているという。

 少女は頻繁に男宅を訪れていた。2人は「処置に困って遺棄した」と話しており、男と同居する両親と妹は出産を知らなかったとみられる。

 児童相談所を運営する県によると、逮捕された少女について相談などはなく、支援対象として把握していなかったという。

 現場は前橋荒子小の北東約200メートルの家屋や田畑が点在する地域の住宅。男を知る近くの女性(58)は「信じられない。親に話せれば良かったのだろうけど、心配をかけまいとしたのだろうか」と驚いた様子だった。バス停から2人が自宅へ並んで歩く様子を見たという70代の女性は「仲良さそうに腕を組んでいたのに」と声を沈ませた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事