パトカー追跡車が正面衝突 飲酒検問を突破し逆走  高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 2日午前1時20分ごろ、群馬県高崎市宮元町の国道17号で、パトカーに追跡されて逆走していた高崎市の男性(41)の軽乗用車が、太田市の男性運転手(46)の大型トラックと正面衝突した。軽乗用車の男性は胸を打つなどして負傷し、男性運転手は頸椎(けいつい)捻挫などの軽傷を負った。

 高崎署によると、署員が高崎市常盤町の市道で飲酒検問をしていたところ、軽乗用車が検問を突破して逃走。パトカーがサイレンと赤色灯をつけて約2.5キロにわたって追跡したが、軽乗用車は国道17号を逆走して逃走を続け、トラックと衝突した。追跡のためパトカーも一時逆走した。

 同署の田島政徳副署長は「追跡は適切な職務執行だった。けがをされた方の一日も早い回復を祈っている」とコメントした。

 軽乗用車の男性の呼気からはアルコールが検出された。同署は道交法違反などの疑いもあるとみて、男性の回復を待って調べる方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事