平野部でも大雪のおそれ 22~23日 気象台が警戒呼び掛け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前橋地方気象台は21日夕、大雪に関する情報を発表し、群馬県内は22日昼過ぎから雪が降り始め、23日未明にかけて降雪量が多くなるとして、警戒を呼び掛けた。

 同日午後6時まで12時間の予想降雪量は北部の山間地で15センチ、南部の平野部で5センチ。23日午後6時まで24時間では山間部で20~40センチ、平野部でも10~20センチの降雪が見込まれる。

 気象台は、交通障害に対する警戒に加え、路面の凍結、ビニールハウスなど農業施設の倒壊、電線などへの着雪、湿った重い雪による倒木などに注意するよう呼び掛けた。

 気象台によると、22日は前線を伴った低気圧が四国の南から伊豆諸島付近を発達しながら東北東に進む見込み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事