みなかみ・相俣のさかさザクラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 群馬県みなかみ町相俣の県指定天然記念物「相俣のさかさザクラ」が見頃となった=写真(6日午後0時20分ごろ撮影)。

 樹齢450年といわれる巨木は、上杉謙信が関東出兵の際、サクラのつえを逆さに挿して吉兆を占ったところ根付き、芽吹いたという伝説に由来する。

 空に向かって伸びる枝と花が赤谷湖畔の爽やかな風に揺られ、訪れた人を楽しませている。
(文と写真・入山亘)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事