5年でFC30店規模へ ハンプティー、ドミナント出店計画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 生活雑貨販売、ライフスタイルショップのハンプティーダンプティー(群馬県前橋市青柳町、貫井哲夫社長)は7日、現行9店舗のフランチャイズチェーン(FC)店を2026年までに30店規模に拡大する方針を明らかにした。「ギフトでお客様を幸せにする会社」を掲げ、FC店の出店を計画的に進めていく。

 直営店は関東圏を中心に30店舗、FC店は岡山、広島、愛知などに9店舗を展開。FC店によるエリアごとのドミナント出店で、認知度とブランド価値を全国に浸透させる。現時点で21~23年の3カ年で四国や中国地方など計5店舗のFCの新規出店を計画している。
(井部友太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事