特製パネルで入学祝う 富岡小
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 各地の小学校で入学式が開かれた7日、新1年生の記念にしてもらうための撮影用の大型パネルが、群馬県富岡市の富岡小(荻野桂司校長)の校庭に設置された。新型コロナウイルス感染予防のため式への入場を制限された家族らが、密を避けた青空の下で思い出を記録に残した=写真

 新型コロナの影響で規模が縮小された入学式を盛り上げたいと、同校PTA(小松隆行会長)が企画し、撮影会を運営した。PTA役員らが費用を負担して縦2メートル、横3メートルのパネルを制作した。
(細井啓三)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事