「原美術館ARC」24日リニューアル 閉館・東京の機能を集約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 改装工事のために昨年11月から休館していた群馬県渋川市金井の美術館「ハラミュージアムアーク」は7日までに、今年1月に閉館した東京都品川区の本館「原美術館」から拠点機能を集約した「原美術館ARC」として、24日にリニューアルオープンすると発表した。同日から企画展「虹をかける:原美術館/原六郎コレクション」を開催する。

 同館を運営する公益財団法人アルカンシエール美術財団が所蔵する現代美術のコレクションや、明治時代の実業家、原六郎が収集した東洋古美術を中心に展示。第1期は9月5日まで。常設展も、宮島達男さんや森村泰昌さんなどの作品をリニューアル展示する。

 原美術館は1979年に開館。建物の老朽化などのために閉館し、88年開館の別館「ハラミュージアムアーク」に拠点機能を集約させると公表していた。
(赤尾颯太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事