「きれいな校舎大切に使う」 総社南小で竣工式 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の前橋総社南小の校舎竣工しゅんこう式が19日、同校で開かれ、全校児童173人をはじめ、PTAや地元自治会、ボランティアなど関係者が出席した。児童が合唱を披露し、昨年4月から利用している新校舎の完成をあらためて祝った=写真

 新校舎は鉄筋コンクリート造り3階建てで、延べ床面積3260平方メートル。1977年建設の旧校舎の老朽化により建て替えた。普通教室を全て南側に配置し、採光と通風に配慮したほか、教室や廊下の壁に木材を使い、温かみを持たせた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事