胸張って新たな歴史へ 新設の桐生高と桐生清桜高 県内公立高64校入学式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
入学式を終え、退場する桐生高の生徒ら
入学式に臨む桐生清桜高の生徒ら

 群馬県内公立高の入学式が8日、全日制課程・フレックススクール計64校で行われた。このうち新設の桐生高は326人、桐生清桜高は237人の新入生がはつらつとした表情で出席し、新たな歴史の第一歩を踏み出した。

 旧桐生高と桐生女子高を統合した桐生高(桐生市美原町)では、学生服とセーラー服を着た新入生が胸を張って入場した。

 桐生南高と桐生西高を統合した桐生清桜高(同市相生町)の入学式では、担任教諭が名前を読み上げ、ジャケットにスカートやスラックス姿の新入生が希望に満ちたまなざしで立ち上がった。

 7、8の両日に、県内の公立特別支援学校の入学式も行われた。
(まとめ 高野聡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事