夜桜と鉄道が幻想的 安中・鉄道文化むらで試験点灯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県安中市の碓氷峠鉄道文化むらは、試験イベントとして初のサクラのライトアップを行った。来場者約250人が幻想的な夜桜と鉄道車両の共演を楽しんだ=写真

 同施設のサクラ10本にLED投光器を設置。赤や紫、青、緑といったさまざまな色で照らした。かつて碓氷峠で活躍した電気機関車EF63や蒸気機関車(SL)D51など展示車両の前照灯もつけて、会場を照らした。

 試験イベントのため施設を無料開放して行った。会場では豚汁や甘酒、もつ煮なども販売された。
(田島孝朗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事