志賀草津道路で除雪進む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 23日の冬季閉鎖解除に向け、草津町と長野県山ノ内町を結ぶ志賀草津道路(国道292号)で開通準備が進んでいる。12日には重機による除雪作業などが行われた=写真

 県中之条土木事務所によると、除雪は3月23日から始まり、同町の殺生ゲートから県境の渋峠までの区間と、嬬恋村の万座ゲートから万座三差路までの区間計約17キロで連日作業が行われている。作業は今週中にも終了する見通し。

 同事務所によると、4月に入り暖かい日が続いた影響で例年よりも雪が少ないという。雪の回廊は例年6~7メートルほどの高さになるが、今年は高いところでも4メートルほどだという。
(桜井俊大)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事