UAゼンセン支部 介護従事者のコロナワクチン 県に円滑接種要請
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本知事(右)に要請書を手渡す石川支部長

 医療介護や飲食、流通など幅広い産業で働く人が加入する労働組合のUAゼンセン県支部は、訪問介護などの従事者が新型コロナウイルスのワクチンを円滑に接種できるよう市町村を後押しすることなど、県への要請書をまとめた。石川博之支部長が14日、群馬県庁で山本一太知事に手渡した。

 現在は高齢者への接種が行われ、その後に基礎疾患がある人と高齢者施設で働く人が接種を受ける。高齢者への訪問介護や障害者の居宅介護に従事する人については、感染が広がった場合に自宅療養する感染者にサービスを提供する必要があると市町村が判断し、事業所と従事者が感染者へのサービスに同意した場合のみ、優先接種の対象になる。県内では多くの市町村が今後、訪問介護従事者らを対象に含めるか判断していくとみられている。

 要請書は、迅速に判断してもらうために市町村と連携を強化するよう県に求めた。石川支部長は「従事者がウイルスを媒介して地域にまん延させてしまう恐れがある。地域の安心を守れるようにしてほしい」と要望。山本知事は「国と市町村が実施者。応援する立場で何ができるか考えたい」と答えた。

 また、要請書は居酒屋をはじめとする飲食店の苦境を巡り、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を一層周知することを求めた。山本知事は「塗炭の苦しみだろう。(感染対策を取った)認定店を増やしている。できる限り経済を回したい」と応じた。(高野聡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事