コウノトリのひな 名前募集 渡良瀬遊水地で誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渡良瀬遊水地で誕生した親鳥と2羽のひな=13日(星野義和氏撮影)

 群馬、茨城、栃木、埼玉の各県にまたがる渡良瀬遊水地で3月末、国の天然記念物、コウノトリ2羽のひなが誕生した。同遊水地生まれのコウノトリに親しみを持ってもらおうと、群馬県板倉町を含む4市2町などでつくる渡良瀬遊水地保全・利活用協議会が30日まで、ひなの愛称を募集している。

 栃木県小山市にある遊水地内の人工巣塔でひなが誕生するのは2年連続。昨年は同市が単独で愛称を募集したが、今回は連携して湿地環境の保全に取り組む関係4市2町で広く募集することにした。
(茂木勇樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事