絵手紙列車を運行 上信電鉄 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 上信電鉄(群馬県高崎市)は、全国の愛好家から寄せられた絵手紙を飾る「絵手紙列車」を、高崎―上州下仁田間で運行している。沿線風景や花々、果物などが描かれた色とりどりの絵手紙の数々が乗客を楽しませている=写真

 展示期間は本年度内。2両編成の電車内に、全国の377人から寄せられた585作品が飾られている。中には富岡市出身の吉田真さんが所属するお笑いコンビ「パックンマックン」が手掛けた作品もある。

 同社の小島博取締役鉄道部長は「電車に乗車する際は沿線の田園風景と合わせ、温かな絵手紙の色使いやコメントを、隅々まで楽しんでほしい」と呼び掛けている。
(平山舜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事