甘~い「雪んこりんご」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の沼田市りんご組合(関口元雄組合長)は27日、同市上発知の玉原高原で、1月から雪の中で貯蔵していたリンゴ約4万個を掘り出した=写真。市内のリンゴ農家が「雪んこりんご」として販売する。

 組合員ら20人がシャベルや除雪機で雪をどけると、リンゴの詰まったコンテナ800箱が現れ、辺りには甘い香りが漂っていた。

 気温0~1度、湿度95%に保たれた雪の中はリンゴの保存に適しているという。関口組合長は「3月の高温が心配だったが、雪も解けずに残り、品質の良いリンゴになった」と話している。

 問い合わせは市観光協会(電話0278-25-8555)へ。
(多々納萌)


【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事