ネット中傷の相談58人 県の窓口開設から半年で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷に関する相談窓口を群馬県が開設してから半年間で58人が利用したことが27日、県の集計(速報値)で分かった。相談員との電話やメールによるやりとりは計302回に上った。

 ネット上の誹謗中傷を巡り、県は被害者支援条例を昨年12月に都道府県で初めて施行。窓口は10月28日に開設した。
(高野聡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事