書と水彩で宇宙や生死 書道教室作品展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

館林市赤生田町在住の書家、中島清道さんが主宰する書道教室の生徒の作品を並べた「書道&水彩画展」が3日、邑楽町新中野の「アートギャラリー彩」で始まった=写真。4日まで。

 中島さんから写経を教わる館林市成島町の磯貝加代子さんが描いた水彩画など約40点を囲むように中島さんが円を書いた合作「宇宙」が展示の目玉。無や生死、人間などについて持論を展開した書なども並んでいる。

(大楽和範)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事