《新型コロナ》2日間で109人が陽性 5日は変異株最多の30人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染症で、群馬県と前橋、高崎両市は5、6の両日に新たに10歳未満~90代の男女計109人(5日54人、6日55人)の陽性が判明したと発表した。県内での感染確認は再陽性も含め累計6407人(うち104人死亡)となった。感染力が強いとされるN501Y変異株を巡り、県は5日に1日の発表人数としては最多の30人の感染確認を発表。6日は2人で、同変異株への感染確認は計155人となった。

 富岡保健所管内(富岡市、甘楽郡)の障害福祉サービス事業所で職員と利用者の計8人の陽性が判明、県はクラスター(感染者集団)が発生したと判断した。

 既存のクラスターでは、高崎市の高南歯科医院関連で新たに従業員1人の陽性が判明し、計19人になった。同市の鋳造会社「関工業」関連で従業員1人(計15人)、利根沼田保健所管内(沼田市、利根郡)の中学校関連で職員ら5人(計14人)、前橋市内の飲食店関連で従業員1人(計6人)の陽性が判明した。

 学校関係者の陽性判明を受け、太田市は該当する市立学校を6、7の両日に休校にすると発表した。
(まとめ 山田祐二)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事