榛名湖畔を清掃 県造園建設業協会 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県造園建設業協会(川島良則会長)は8日、高崎市の榛名湖周辺で「第28回みどりの清掃」を行い、会員やその家族ら約80人が、ビニール袋を手にごみ拾いに汗を流した。

 同協会は県内各地で定期的に清掃活動を展開。参加者は県立榛名公園やテニスコート近くの散策路に落ちているたばこの吸い殻や空き缶、ペットボトルなどを拾い集めた=写真。(吉野友淳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事