山火事防止を呼び掛け 市女性防火クラブ 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 東毛地区で山火事が相次いで発生したのを受け、群馬県太田市女性防火クラブの強戸支部と木崎支部は、同市の北部運動公園で山火事予防の啓発活動をした。両支部員の計15人がのぼり旗やポスターを掲げ、来園者にストラップやティッシュを配って注意を促した=写真。

 山火事は空気が乾燥する3~5月に発生しやすいという。原因となるたばこのポイ捨てをなくし、たき火の後始末を確実にするようにと強調した。合わせて、各家庭の住宅用火災警報器の設置も呼び掛けた。
(小泉浩一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事