米作り指導動画を児童へ 安総高生、交流再開願って実演と解説 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タブレット端末を使って動画の撮影を進める安中総合学園高水田班の生徒ら

 農業を通して市内の小学校と交流を図っている安中総合学園高(森英也校長)の生物資源系列水田班7人が10日、米作りを始めた。この日は新型コロナウイルス感染拡大の影響で直接指導できなくなった安中東横野小の児童のため、種もみの選別方法や、もみまきの解説動画を撮影した=写真

 生徒はホワイトボードなどを使って、中身の詰まったもみを選ぶ「塩水選」など、良い苗を育てるために必要な技術について解説、実演した。(田島孝朗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事