ネコの愛らしい姿90点 写真や彫刻3人展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 野良ネコの保護からつながった作家が集まった展示会「はじまりの、のらにゃん展」が11日、群馬県前橋市亀里町の喫茶店まーやの家で始まり、愛くるしいネコの写真が訪れた人の目を引いている。23日まで。

 展示しているのは(写真左から)写真家のsora(ソラ)さん=同市南町、粘土彫刻家のくすのとひろさん=同市文京町、編み物作家のさゆまさん=高崎市倉賀野町=の3人の作品。

 リラックスした表情を捉えた写真や、実物大で表現した粘土彫刻、専用ベッドなどネコに関する約90点が並ぶ。期間中、くすのさんによる粘土彫刻制作の実演も行われる。

 3人は「ネコは愛情や好奇心など教えてくれる先生であり、生活の一部。食事の合間の心の癒やしになればうれしい」と話した。

 午前11時半~午後4時。17、18日は休業。問い合わせは同店(027-265-5336)へ。
(湯沢宏志)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事