医療従事者に感謝の青 看護の日に市職員が身に着ける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、群馬県渋川市は「看護の日」の12日、治療や感染防止の最前線で働く医療従事者に感謝や敬意を示すため、職員が青いシャツなどを身に着けて一斉に拍手を送った=写真

 職員たちは同日、青いワイシャツやマスクを身に着けて執務。正午になると立ち上がり、およそ30秒間にわたって拍手を送った。
(奥木秀幸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事