アサヒビールが「やんば1万本桜プロジェクト」に寄付金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の観光振興に貢献しようと、アサヒビール(東京都墨田区、塩沢賢一社長)は12日、長野原町の八ツ場ダム湖畔などにサクラを植える「やんば1万本桜プロジェクト」に対し、25万680円を寄付した。

 「群馬の観光応援デザイン」の缶ビール(350ミリリットル)を4月6日に発売。1本販売につき1円を寄付金とした。贈呈式が12日、同ダムの「なるほど!やんば資料館」で開かれ、同社関東信越統括本部の中村哲三執行役員本部長が同プロジェクト会議の議長、萩原睦男町長に目録を手渡した=写真。(関坂典生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事