間近で最先端技術 前工高で測量授業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋工業高(中西信之校長)は、前橋市の同校で、外部講師を招いて測量を学ぶ授業を開き、土木科の2年生40人が最先端の技術に触れた。

 生徒らは目が届かない場所のデータが得られる3Dレーザースキャナーの操作体験や講師が操縦するドローンを使った測量を見学。最新機器で観測した立体的な校舎や校庭の画像に真剣な表情で見入っていた=写真。(湯沢宏志)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事