LGBTへの理解を 大泉町が啓発リーフレット 西邑楽高3人デザイン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 性的少数者(LGBT)への理解を促すため、大泉町はLGBT啓発リーフレット「にじいろおおいずみ」を作製し、町内の児童生徒らに配布した。デザインは町内にある西邑楽高(武藤仁志校長)の3年生3人が担当し、「制作を通じて、LGBTについて深く知ることができた」などと話している。

 制作したのは同校芸術科美術コースの原あずささん、倉沢舞さん、松島春花さん。昨年末に町から同校に制作の打診があり、「やってみたい」とそろって手を挙げたという。
(大楽和範)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事