「大きくなあれ」ササニシキの種もみをまく 高崎で保育園児
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 法輪寺第二保育園(三浦興寛園長)は19日、群馬県高崎市の同園で、もみまき体験を行った。0~2歳の園児約30人が成長を願いながら種もみをまいた=写真

 同市内のすみや農園代表、小林祐さんがササニシキの種もみを提供。園児は「大きくなあれ」と願いを込めながら、土の入ったバケツに種もみを少しずつまいた。同園で育てて、秋に収穫しておにぎりにして食べる予定。
(吉野友淳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事