黄金色に揺れる 二十四節気「小満」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 麦の穂が育ち、山野の草木が実を付け始める―。21日は二十四節気の一つ「小満」。陽気が良くなり、万物が成長する頃とされる。

 米麦二毛作が盛んな玉村町でも麦が収穫時期を迎えた。穂が風に揺れ、辺り一面を黄金色に染めている=写真
(土屋麻里)

【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事