福祉従事者らに接種 残余ワクチン生じた場合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスのワクチン接種で前橋市は24日、当日キャンセルなどで残余ワクチンが生じた場合、市民生活維持に不可欠な仕事に従事する「エッセンシャルワーカー」に接種する方針を、市議会教育福祉常任委員会に説明した。

 福祉関係施設従事者をはじめ、感染症対策や予防接種事業に従事する市職員が対象で、今後も拡大する。事前に登録しておき、医療機関から連絡があった場合に速やかに接種を受けに行けることと、医療機関は選択できないことなどが条件。接種2回の間隔は標準的期間より長くなる場合がある。具体的な手順は関係機関で調整中。
(斎藤洋一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事