開業100年でフェス 来月3日に新前橋と渋川駅 記念券販売やSL運行など企画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フェスを企画したJR新前橋駅、渋川駅の駅員とSLの専用ヘッドマーク

 開業100周年を迎える群馬県のJR新前橋駅と渋川駅を舞台に「100周年メモリアルフェスin新前橋・渋川」が7月3日に行われる。鉄道にちなんだグッズを作るワークショップなど各種イベントを用意する。

 新前橋、渋川両駅の来駅記念券(硬券)をそれぞれ900枚ずつ用意し、イベント参加やアンケート回答など一定の条件を満たした人に配布する。このほか、SL「新前橋~渋川百周年記念号」(高崎駅9時56分発、水上駅12時50分着)を運行し、両駅で出発式を行う。記念号は同じく100周年の群馬総社駅、八木原駅を加えた4駅のアルファベットの頭文字「S、S、G、Y」をデザインした専用ヘッドマークで走る。(米原守)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事