花手水で“目”のお清め 色鮮やかな花、SNSで話題 玉村八幡宮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 玉村八幡宮(群馬県玉村町下新田、梅林肇宮司)の手水舎を色鮮やかな花で飾り付けた「花手水(はなてみず)」が、人気を集めている=写真

 新型コロナウイルス感染防止のため柄杓(ひしゃく)を使ったお清めを取りやめる中、参拝客に楽しんでもらおうと昨年6月に始めた。春から秋にかけて、境内に咲く花や近隣住民から提供される花を飾り、毎朝、禰宜(ねぎ)や巫女(みこ)らが手入れしている。

 色とりどりの花が「写真映えする」と会員制交流サイト(SNS)などで話題となり、撮影に訪れる人も多い。安産祈願のために足を運んだ女性は「花の美しさに気持ちが晴れる。本当にきれい」と声を弾ませていた。(入山亘)




【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事