高崎の広域農道開通 愛称は「榛名南麓スカイライン」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テープカットとくす玉開きで全線開通を祝う関係者

 群馬県高崎市の箕郷、榛名両地区を横断する広域農道「榛名南麓スカイライン」(総延長14.1キロ)が12日、全線開通した。最後の整備区間だった榛名工区(0.5キロ、同市中室田町)で、関係者による開通式が行われた。

 同広域農道は1994年度に整備が始まり、全線開通に四半世紀以上かかった。片側1車線で幅7メートル。総事業費は約125億円。愛称は同市が沿線4小学校で募集し、寄せられた57件の中から高崎中室田小3年の原悠陽君の「榛名南麓スカイライン」を選んだ。(田島孝朗)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事