薬の処方箋に似せて詐欺防止PR 「読み薬」を配布 藤岡署
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高齢者の特殊詐欺被害を防ごうと、群馬県警藤岡署(大野孝行署長)は10日、薬の処方箋を模した啓発グッズ「読み薬」の配布を管内の薬局で始めた。30薬局に計1500セットを配り、薬剤師から来局した高齢者らに手渡してもらう。

 「詐欺に効く 読み薬」と書かれた袋に、特殊詐欺の主な手口などが書かれた読み薬の説明書を封入。この他、「新型コロナウイルスワクチンを優先的に接種できる」などと偽る詐欺への注意文やマスクなどが入っている。(村山拓未)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事