前橋2児死亡 殺人容疑で母親逮捕 現場に悩み記したメモ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市富士見町小暮の住宅で10日、小学生の兄弟2人が刺殺された事件で、群馬県警捜査1課と前橋署は14日、殺人の疑いで、同居の無職の母親(38)を逮捕した。捜査関係者によると、現場には子育てに悩んでいたことをうかがわせるメモが残されており、県警は詳しい経緯を調べている。

 逮捕容疑は10日午後2時25分ごろ、自宅リビングで小学3年の長男(9)、同2年の次男(7)の胸を刃物で刺し、殺害した疑い。県警によると、「間違いない」と容疑を認めている。

 母親は事件当時、仕事で外出していた同居男性に「子どもを刺した」などと電話。帰宅した男性が、倒れている兄弟と母親を見つけ110番通報した。現場からは凶器とみられる血の付いた包丁が見つかった。

 母親も自殺を図ったとみられる刺し傷があり、同市内の病院に搬送。県警は容体の回復を待ち、退院した14日に逮捕した。

 養育を支援してきた県は同日、県庁で会見し、これまでの対応を説明した。

 県によると、母親は居住していた栃木県で自身の心身の不調から「養育が困難」と同県中央児童相談所(児相)に相談。兄弟は2018年11月から児童養護施設で暮らしていた。

 その後、前橋市内で男性と同居し、20年10月に兄弟を引き取った。対応を引き継いだ群馬県の児相などに子育ての悩みを話すことはあったが、生活状況は安定している様子だったため、近く支援を終える予定だったという。県中央児相の富田昌志所長は「実質的には悩みを把握しきれなかった部分があったのかと思う」と述べ、支援の在り方を検討する考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事