前橋贈収賄 市課長補佐を懲戒免職
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市発注の公園整備工事を巡る贈収賄事件で、市は16日、官製談合防止法違反や加重収賄などの罪で起訴された契約監理課長補佐の男(51)=休職中=を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 管理監督責任として、同課長と同課審査契約室長、当時の公園緑地課長を厳重文書注意の訓告処分とした。

 市職員課が8日に聞き取り調査し、男は起訴された内容を認めたという。

 処分内容について、山本龍市長は「事実関係を確認した上で厳正に処分した。引き続き原因究明に努め、再発防止を徹底していく」とコメントした。(栗原綾菜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事