路上で発砲事件? 群馬県警、暴力団事務所を捜索 複数の暴力団関係者らから情報 伊勢崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県警は16日、伊勢崎市波志江町で13日夜に暴力団関係者の絡む発砲事件があったとみられると発表した。情報提供などを基に捜査を始め、事件に関わった可能性がある指定暴力団事務所を家宅捜索。事件概要の特定を進めている。

 組織犯罪対策課によると、事件は13日午後9~10時ごろに路上で起きたとみられる。けが人の情報はないという。3月に同市で起きた暴力団員らが絡む殺人未遂事件との関連性は薄いとみられる。

 翌14日、複数の暴力団関係者らから「暴力団関係者のもめごとがあった」「発砲もあったようだ」などの情報が寄せられ、捜査を開始。県警は16日、関係先として浮上した県内の指定暴力団事務所1カ所を銃刀法違反容疑で家宅捜索した。

 県警は「上州くん安全・安心メール」で情報提供するとともに、市内のパトロールも強化している。

 市教委は16日、市内の全小中学校などに、事件の周知と注意喚起のメールを各家庭に送るよう指示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事