あぷとくんが職場に復帰 安中の鉄道文化むら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市)の蒸気機関車「SLあぷとくん」が16日、埼玉県内での修理を終えて、同施設に戻った。来月4日に出発式を行い、2年ぶりに運行を再開する。

 新品のように磨き上げられた全長約6.4メートル、重さ約16トンの車体は、クレーン車によって大型トラックの荷台から高架上のレールへとつり上げられ、無事に“職場復帰”した=写真

 SLあぷとくんは、同施設を運営する碓氷峠交流記念財団の資金だけでは修理費用を賄えず、廃車の危機もあった。クラウドファンディング(CF)により資金を調達し、修理にこぎ着けた。(田島孝朗)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事