水害へ備え 救助の手順確認 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 集中豪雨や大規模水害に備えて、高崎市等広域消防局の水難救助訓練が16日、群馬県高崎市の榛名湖で始まった。管内2署の隊員が高機能救命ボートの組み立て方や操縦、救助活動の手順などを確認した。

 訓練は高崎中央署と高崎北署が参加。隊員らはボートを組み立てて、船首を開いてスロープを出し、車いすを船内に運び込む手順を確認した。続けて操船訓練と人形を要救助者に見立てた救助訓練を実施。隊員はボートで人形に近づき、「リカバリーシステム」と呼ばれるネットで人形を巻き取り救助した=写真。(平山舜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事