「必要な分だけ」 野菜や布 量り売りで環境保護意識 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 野菜や布、小物などを量り売りで提供する「わがママはかり売りマーケット」が20日、群馬県桐生市永楽町のMEGAドン・キホーテ桐生店コンコースで開かれた=写真。来場者は目当ての品を必要な量だけ購入し、環境保護に対する意識を高めた。

 市内で育児中の母親らでつくる「おむすびの会」(沢口一枝会長)など4団体・事業者が出店。太田市で有機・自然栽培されたトウモロコシや小松菜、桐生市梅田町産のジャガイモなどが並んだ。持ち帰り用に新聞古紙で作ったバッグを用意する店もあった。(千明良孝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事