昭和レトロな家電50点 ライフスタイル見つめ直して 伊勢崎・赤堀歴史民俗資料館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高度経済成長期の家電製品などを通じ、日本人のライフスタイルの変化と原点に目を向ける企画展「昭和のレトロな世界」が9月5日まで、群馬県の伊勢崎市赤堀歴史民俗資料館で開かれている=写真

しん。昭和30~40年代のテレビやテープレコーダー、花柄の電子ジャーやポットなど収蔵資料約50点が来場者を楽しませている。川道亨館長は「大量消費時代の原点と言える家電を通じ、今のライフスタイルを見つめ直すいい機会になる」と見どころを語っている。
(中里圭秀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事