調理家電の事故に注意 5年で県内4件 3件は火災に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内で2016~20年度に、電子レンジやオーブントースターなど調理家電の製品事故が4件発生し、そのうち3件が火災となっていたことが27日までに、製品評価技術基盤機構(NITE)のまとめで分かった。けが人はなかった。

 同機構によると、18年11月に、保温中の電気炊飯器の回路が異常発熱し、煙が出て製品が壊れる事故があった。19年9月には、使用中の電子レンジの内部部品が焼ける火災が発生した。(須永彪月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事