南牧村で体験移住を 子育て世帯対象に村が募集 自然や少人数教育アピール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて地方移住への関心が高まる中、群馬県南牧村は8月から、小学生の子どもがいる村外の世帯を対象に体験移住者を受け入れる。コロナ下でも自然豊かな環境で子育てや少人数教育が受けられる村の魅力を実感してもらい、実際の移住につなげたい考えだ。村は1日、ホームページなどで希望者の募集を始めた。

 村が所有する古民家や空き家で生活してもらい、水道料金や光熱費、電化製品のリース代、インターネット料金といった費用について上限を設けて補助する。(黒沢豊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事