布袋さんの曲で新幹線発車 JR高崎駅、きょうから1年間
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県とJR東日本高崎支社は2日、JR高崎駅の新幹線の発車メロディーに、高崎市出身の人気ギタリスト、布袋寅泰さん(59)の楽曲を使用すると発表した。3日の始発列車から流す。来年7月2日まで。

 県や同支社によると、上越、北陸新幹線のホームで使用。上り(13、14番線)では大型コンベンション施設「Gメッセ群馬」(同市岩押町)のテーマ曲「Great Messenger(グレイト メッセンジャー)」、下り(11、12番線)では「さらば青春の光」が流れる。

 布袋さんは「ふるさと高崎駅のホームに自分の音楽が流れるなんて夢のようです。『いってらっしゃい』『お帰りなさい』、そして『ようこそ高崎へ!』。旅する皆さんを軽快なメロディーと共にお待ちしています」とコメントした。(井部友太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事