「愛郷」再開時期 お盆以降に判断 商工団体要望に知事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内宿泊施設に泊まった県民の宿泊費を補助する県事業「愛郷ぐんまプロジェクト」の再開時期について、山本一太知事は9日、「7月の4連休やお盆の県内施設への宿泊状況、東京と県内の感染状況を見極め、最も良い時期を考えたい」と述べ、お盆以降に判断する意向を示した。

 同プロジェクトは3月26日から第2弾をスタート。1人1泊5千円を補助したほか、市町村が独自に地元で使える千~3千円のクーポンを発行した。ただ、県内での感染再拡大を受け、4月29日から中断されている。(宮村恵介)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事