HPVワクチン、広がる接種の動き 子宮頸がん50~70%予防
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子宮頸がんワクチンについて伝える冊子など
 

 子宮頸(けい)がんの原因になるウイルスの感染を防ぐワクチンを接種する人が、群馬県内で増えている。ワクチンで予防できるとされる数少ないがん。国は昨年10月から、定期接種の対象者へ個別に情報提供するよう自治体に求めている。小児科医など専門家の間で、科学的な根拠に基づいて意義やリスクを説明する動きも広がる。

小6~高1対象

 国が昨年10月に公表した冊子によると、ウイルスには多数の種類があり、子宮頸がんの原因についても分かっているという。ワクチンの「サーバリックス」と「ガーダシル」は定期接種の対象で、期間中は無料で受けられる。子宮頸がんの50~70%を防ぐとされる。

 定期接種の対象者は小学6年~高校1年の女性。いずれのワクチンも間隔を空けて計3回接種するため、現在高校1年の女性が無料で受けるには、今年9月までに1回目を打つ必要がある。

 新型コロナウイルス感染症のワクチンを接種する場合、経過観察が必要なため、さらに時間的な余裕がいる。

 高崎市の中学3年の女子生徒(15)は、ガーダシルを3月と5月に打った。3回目は9月中旬以降に予定する。母親によると、女子生徒は1回目にわずかな腕のだるさを感じたが、他に特段の変化はなかったという。

 母親は、がんによって60歳手前で子宮を摘出した親族がいたこともあり、以前から子宮頸がんのワクチンに関心があった。女子生徒の友人やその周囲が打ったと聞き、子どもへの接種を決めた。

 「かかりつけ医から教えてもらうくらいしか情報がなかった。さらなる正確な情報提供が必要では」と話す。

 2月からは新たなワクチン「シルガード9」が国内発売された。こちらの接種は現段階では自己負担。いずれのワクチンも、20歳から2年に1度の検診を受けることで、より高い予防効果が期待できるという。

痛みや腫れ

 同市保健所によると、市内の定期接種の回数(実績)は、2015~19年度は8~75回だった一方、20年度は697回に増えた。同年度の月別は4~9月が5~24回で、10月以降に急増し、3月は201回に上った。

 ワクチンは09年12月に国内承認された。接種後に痛みなどを訴える人が続き、国は13年度から積極的に勧めることを控えている。国の冊子は「接種後には、多くの方に、部位の痛みや腫れ、赤みなどが起こります」「まれですが、重い症状が起こることがあります」などとも記している。(五十嵐啓介)

 子宮頸がん子宮の出口近くにできるがん。ヒトパピローマウイルス(HPV)が、主に性交渉によって感染することで起きる。感染後もすぐにはがん化せず、幾つかの段階がある。国内では毎年約1万1000人が子宮頸がんになり、約2800人が亡くなるとされる。子宮を失う人も毎年約1200人いる。

◎《小泉重田小児科 重田院長に聞く》副反応や日程 説明、相談を

 小泉重田小児科(高崎市)の重田政樹院長に、子宮頸がんワクチンの現状を聞いた。

 ―情報提供や接種はどのように行っているか。

 例えば小学4年の日本脳炎、6年の2種混合の予防接種の際に、対象者がいる家族などにワクチンの存在を伝えている。

 初診では接種しない。まずは保護者に来院してもらい、国の冊子を基に当院で作った資料を示して、(1)ワクチンの種類や選ぶための目安(2)通常6カ月かかるスケジュール(3)打っても検診は必要―といったことなどを伝える。「副反応が出た人がいる」ということも必ず説明している。

 ―接種の流れは。

 当院では背もたれのある椅子に座った状態で接種する。保護者に隣にいてもらう。

 5~10分で耳がぼーっとしたり、目の前が暗くなるような感じがしたら、すぐに教えてもらい、意識があるうちに目の前のベッドに寝てもらう。普通はこのまま治っていく。一度こうした症状が出た人は、次回からは初めからベッドに寝た状態になってもらう。しっかり準備して接種に臨めば、通常は心配はない。

 ―ワクチンの現状への受け止めは。

 接種者は当院でも増えている。公費のワクチンの該当者で、定期接種対象外の「シルガード9」を打った人も既にいる。対象となる人たちに、「受けても良いのではないか」という認識が広がってきているのではないか。

 接種を迷っている人がいたら、まずはかかりつけ医に相談してほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事